玉川学園 真善美精健富 玉川学園 スーパーサイエンスハイスクール
Home 学校案内 施設 プロアクティブラーニングPL 進路状況 入学案内 アクセス
特色イベント情報

     玉川学園到着分
  外部参加候補イベント告知


1.進路で人生どう変わる?
  理系で広がる私の未来
 
 
2.7月7日(土)
 『超高齢社会を考えるII』
 <文理連携>


3.8月20日(月)
       ~22日(水)
 中高生理工系進学応援
  シンポジウム


・・・・・・・・・・・・・・・・

SSH研究開発報告書
(平成20年度~29年度分)



平成30年度
スーパーサイエンス
ハイスクール
(SSH)
について
(文部科学省HPより)



玉川学園高等部・中学部
SSH研究開発課題・申請書
について
(第Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ期)




SSH
(リーフレット:pdf)



SSH研究開発書籍
「学びの技」

(第9刷までいきました)


玉川学園珊瑚プロジェクト
(リーフレット:pdf)



(H29調整中)

JST HP

海洋生物アルバム
顕微鏡写真ライブラリ
高大連携
SPP
サイテックラボ





玉川学園幼小中高
総合サイト



玉川学園
SSH事務局

〒194-8610
東京都町田市玉川学園
6-1-1

Tel 042-739-7292 or 042-739-8426
Fax 042-739-8426

e-mail: ssh@tamagawa.ed.jp
(玉川学園サイテックセンター等の見学希望もしくはssh関連でご質問のある場合は上記連絡先まで)

PDF閲覧:Adobe Acrobat Reader (最新版ダウンロードはこちら)



その他リンク
〇内閣府男女共同参画局
(女子中高生理工チャレンジ)


玉川学園 SSH Home のページです
「21世紀の科学へ」-学びから創造へ- 

玉川学園は、平成20年度からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されました(中学校および高校)。
自分で課題を設定し実験を組み立てて研究できる、実験デザインが出来る生徒の育成を目指しています。
・実験デザインが出来る生徒の育成を目指し、国際標準のIBの実験科学教育を導入しています。
・国際舞台で活躍する生徒の育成を目指し、海外提携校や国際学級との協働授業を実施しています。
・21世紀の科学の創造の場で活躍する生徒の育成を目指し、脳科学研究所と連携を行っています。
・自学自律の実現を目指し、「学びの技」を高学年初年度(中学3年)教育で実施しています。
イベント情報
                                        Last.update 2018.6.20
SSH申請関係についてはこちら⇒
平成29年度SSH報告書を公開しました。→


(最近の企画報告と記録)

                    
SSH記録
(前年度までの記録)
→H29年度記録はこちら
→H28年度記録はこちら
→H27年度記録はこちら
→H26年度記録はこちら
→H25年度記録はこちら
→H24年度記録はこちら
→H23年度記録はこちら
→H22年度記録はこちら
→H21年度記録はこちら
→H20年度記録はこちら
(お知らせ)
1.「2018年度さくらサイエンスプラン・ハイスクールプログラム」
  
  JSTと共催にて、アジアの高校生を迎え科学を主体とした
  交流プログラムを実施することになりました。
  日時:平成30年7月23日
  場所:玉川学園

2.「平成30年度全国SSH生徒研究発表会参加予定」
  
  日時:平成30年8月8日、9日
  会場:神戸国際展示場
  ポスター題目:「安全運転支援システムの開発」

    本校のロボット部の生徒がポスターする予定です。
    応援よろしくお願いします。

【データサイエンス講演会】

日時:平成30年6月18日
場所:玉川学園中学部講堂
対象:中学2年生
講師:日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド事業本部
     データサイエンス・テクニカルセールス
     SPSS IT スペシャリスト
     西牧洋一郎 氏


近年、人間はコンピュータをはじめとして様々機器を用いてデータを取得できるようになりました。

膨大なデータはそのままではただの数字にすぎない。
これをいかに翻訳し、日々の生活に役立てるか。

西牧さんのお話を聞いて、我々の意識しないところで人間の合理的な選択が「データを活用する」ことで決定されることを学ぶことができました。

講演終了後も沢山の疑問点にお答えになっていただきました。


【東大リサーチ駒場キャンパス公開】

日時:平成30年6月9日
場所:東京大学先端科学技術研究センター、生産技術研究所

都心に構える最先端の研究室を見学しました。
毎年参加しておりますが、各研究室の詳細な展示や説明を通して、生徒の課題研究のヒントを得ることができます。

 主催者ホームページはこちら→
研究発表会
        

        



Copyright(C) Tamagawa Academy All Rights Reserved.