玉川学園 真善美精健富 玉川学園 スーパーサイエンスハイスクール
Home
特色

     玉川学園到着分
  外部参加候補イベント


・・・・・・・・・・・・・・・・
令和4年度
スーパーサイエンス
ハイスクール
(SSH)
について
(文部科学省HPより)













本校の自由研究に
ついて



SSH
(リーフレット:pdf)



SSH研究開発書籍
「学びの技」

(第12刷, 3万部発行!)


玉川学園珊瑚プロジェクト
(リーフレット:pdf)





JST HP

海洋生物アルバム
顕微鏡写真ライブラリ
高大連携
SPP
サイテックラボ





玉川学園幼小中高
総合サイト



玉川学園
SSH事務局

〒194-8610
東京都町田市玉川学園
6-1-1

Tel 042-739-7292 or 042-739-8426
Fax 042-739-8426

e-mail: ssh@tamagawa.ed.jp
(玉川学園サイテックセンター等の見学希望もしくはssh関連でご質問のある場合は上記連絡先まで)

PDF閲覧:Adobe Acrobat Reader (最新版ダウンロードはこちら)



その他リンク
〇内閣府男女共同参画局
(女子中高生理工チャレンジ)
玉川学園 SSH Home のページです
「21世紀の科学へ」-学びから創造へ- 

玉川学園は、平成20年度からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されました(中学校および高校)。
今年でⅢ期目の第5年目(通算15年目)となりました。
自分で課題を設定し実験を組み立てて研究できる、実験デザインが出来る生徒の育成を目指しています。
・実験デザインが出来る生徒の育成を目指し、国際標準のIBの実験科学教育を導入しています。
・国際舞台で活躍する生徒の育成を目指し、海外提携校や国際学級との協働授業を実施しています。
・21世紀の科学の創造の場で活躍する生徒の育成を目指し、脳科学研究所と連携を行っています。
・自学自律の実現を目指し、「学びの技」を高学年初年度(中学3年)教育で実施しています。
イベント情報
                                        Last.update 2022.4.28
SSH記録(発表会、イベント等)

New!
本校生徒が日本テレビ「ZIP!」の「べらべらEnglish 星星 the Teacher」の取材を受けました。番組内のコーナー「ベラベラENGLISH内」で玉川学園高等部が放送されます。7時半過ぎころの数分のコーナーですが、5月中旬あたりまで玉川学園が登場いたします。

→番組サイトはこちら
→youtubeはこちら
なお、この中でも本校SSHの代表的な課題研究グループであるサンゴ班を取材した回が放送されました。
→4月27日(水)サンゴ班の放送回はこちら(youtube)


(前年度までの記録)
→R3年度記録はこちら
→R2年度記録はこちら
→H31年度記録はこちら
→H30年度記録はこちら
→H29年度記録はこちら
→H28年度記録はこちら
→H27年度記録はこちら
→H26年度記録はこちら
→H25年度記録はこちら
→H24年度記録はこちら
→H23年度記録はこちら
→H22年度記録はこちら
→H21年度記録はこちら
→H20年度記録はこちら
(お知らせ)
 (今後の学外発表会参加予定)
1.国際学生科学技術フェア(ISEF)
 昨年の末に行われた国内予選にて、化学部門第一位となった本校生徒がいよいよ国際大会発表となります。英語によるオンラインによる発表ですが、海外研究者や世界中の若者との交流を通して多くの事を学んでくれることでしょう。

日時:令和4年5月5日(木)~6日(金)

 12年松井了子(サイエンスクラブ所属) 
  「熟成梅酒が琥珀色になる理由」


→昨年の国内予選の様子はこちら
         (学内広報)

→JSEC2021 のHPはこちら
→ISEF主催者による公式ホームページ(英語)はこちら

IBのネイティブ教員の前で発表練習中
 生徒作成参考パワポ発表はこちら→
 平成29年度卒 現在、東京工業大大学院数学研究科在学中 前田英汰 君の発表用データ

  (高校時代平成28年度作)
 「へロンの公式の対称性を保った証明とその拡張」
     Symmetrical proof of Heron’s formula and its generalization

(最近の企画報告と記録)


 


〇今年度のSSH指定校が文部科学省より発表されました(3/24)。→こちら
文部科学省より、「スーパーサイエンスハイスクールの中間評価(令和3年度実施)について」が発表されました。
   こちら→
 本校教員の私見ではありますが、軒並み、SSH伝統校に対する評価が厳しい結果となっております。
昨年度本校も中間評価を受けましたが、重点的に成果があった課題を強調するよりも、指定された報告の形式に対して、簡潔に表現・研究成果の他校への還元性・全校での取り組み・理数以外にも広げているか等のポイントについて、端的に評価している印象を受けました。
 本校の「自由研究」は創立以来90年以上にわたり、現在でいう”総合的学習の時間”、つまり様々な教科・分野テーマについて生徒自ら研究していく"授業”(現在は週2時間)を展開しています。しかし中間評価ヒアリングを文部科学省にて合計これまで3回受けておりますが、本校の自由研究と小中学生の夏の自由研究を同じようなものとしてイメージされている方々がいらっしゃる。我々が学内で当たり前だと思っている名前、運用についても、丁寧に報告書記載や評価説明時に簡潔に表現しなければならないでしょう。
 〇本校の自由研究についてはこちら→
                       ▷ 総合サイト   |   玉川学園[幼小中高]   |   玉川学園[中学部・高等部]
        

        
Copyright(C) Tamagawa Academy All Rights Reserved.