玉川学園 真善美精健富 玉川学園 スーパーサイエンスハイスクール
Home 学校案内 施設 プロアクティブラーニングPL 進路状況 入学案内 アクセス
特色イベント情報 研究発表会

平成29年度
スーパーサイエンス
ハイスクール
(SSH)
について
(文部科学省HPより)


玉川学園高等部・中学部
SSH研究開発課題(第Ⅱ期)



SSH
(リーフレット:pdf)



SSH研究開発書籍
「学びの技」



玉川学園珊瑚プロジェクト
(リーフレット:pdf)



(H28調整中)

JST HP

海洋生物アルバム
顕微鏡写真ライブラリ
高大連携
SPP
サイテックラボ





玉川学園幼小中高
総合サイト



玉川学園
SSH事務局

〒194-8610
東京都町田市玉川学園
6-1-1

Tel 042-739-7292 or 042-739-8426
Fax 042-739-8426

e-mail: ssh@tamagawa.ed.jp
(玉川学園サイテックセンター等の見学希望もしくはssh関連でご質問のある場合は上記連絡先まで)

PDF閲覧:Adobe Acrobat Reader (最新版ダウンロードはこちら)

玉川学園 SSH Home のページです
「21世紀の科学へ」-学びから創造へ-


玉川学園は、平成20年度からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されました。
自分で課題を設定し実験を組み立てて研究できる、実験デザインが出来る生徒の育成を目指しています。
・実験デザインが出来る生徒の育成を目指し、国際標準のIBの実験科学教育を導入しています。
・国際舞台で活躍する生徒の育成を目指し、海外提携校や国際学級との協働授業を実施しています。
・21世紀の科学の創造の場で活躍する生徒の育成を目指し、脳科学研究所と連携を行っています。
・自学自律の実現を目指し、「学びの技」を高学年初年度(中学3年)教育で実施しています。
イベント情報
                                        Last.update .2017.7.6

SSH指定第Ⅱ期目の研究開発期間が、いよいよ最終年度となりました。
今後とも宜しくお願い致します。

New ! 平成28年度SSH研究開発報告書はこちら→

SSH報告

→H28年度記録はこちら
→H27年度記録はこちら
→H26年度記録はこちら
→H25年度記録はこちら
→H24年度記録はこちら
→H23年度記録はこちら
→H22年度記録はこちら
→H21年度記録はこちら
→H20年度記録はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(最近の企画報告と記録)


【「未来の社会」
 -玉川大学工学部情報通信工学部キックオフシンポジウム】


日 時:平成29年9月24日(日)10:00-12:15 ※9:30受付開始
場 所:玉川大学 Unuversity Concert Hall 2016 Marble
主 催:玉川大学工学部情報通信工学科

連携先の玉川大学において、シンポジウムが行われます。
 
10:00-10:05  ご挨拶  小原芳明 (玉川大学 学長)
10:05-10:30  「ロボットとAIが創る未来の社会」
        岡田浩之(玉川大学学術研究所 AIBot 研究センター主任) 先生
10:30-10:55  「情報知能の汎用化するインパクトとは何か」
       山川宏 氏 (株式会社ドワンゴ ドワンゴ人工知能研究所 所長) 
10:55-11:20  「ドローンが切り開く未来」
       春原久徳 氏 (ドローン・ジャパン株式会社 取締役会長)
11:20-11:45  「SF小説の世界観が期待する未来社会」
       さかき漣 氏 (SF作家)
11:45-12:15  総合討論

                                   企画詳細はこちら→
 

(pdf)

【SSH東海フェスタ2017】
日 時:平成29年7月15日(金)
場 所:名城大学天白キャンパス
主 催:名城大学附属高等学校
参 加:本校課題研究履修生徒

10:30 開会式
11:00 口頭発表
13:00 パネルセッション
14:40 野依良治氏 講演会
     名城大学客員教授・名古屋大学特別教授
16:50 閉会式

 ※ パネルセッション特別賞を受賞しました。

【日本科学未来館研修】

日 時:平成29年7月1日(土)
場 所:日本科学未来館
対 象:本校高学年生 自由参加 

【ISEF2017】New !
国際学生科学技術フェアの日本代表の本校11年生柳田君がアメリカ・ロサンゼルスにて発表を行いました。
ISEFは世界75カ国以上の国や地域から選ばれた生徒達が、科学の課題研究を発表し合うコンテストです。

本校柳田君は昨年末の日本大会での発表成績から代表に選出され、この半年間課題研究の再考や英語での発表に磨きをかけてきました。

日時:平成29年5月14日~19日
場所:アメリカロサンゼルス

11年 柳田大我
発表ポスター 「フィードバック制御の応用 ~自動運転バスの開発~」
          "Feedback Control of Driverless Buses"

現地の人などたくさんの人が聞きにきて、彼のブースはいつもにぎわっていました。
たくさんの仲間とも知り合え大きな成果を上げることができました。

参加者の約20%程度に与えられる賞には残念ながら手が届きませんでした。
参加して多くの刺激を受けましたので、今後世界で活躍できるような研究者に
なってほしいと思います。


日本代表としての本校取材記事はこちら→

ISEF日本サイトはこちら→

柳田君が所属するサイエンスクラブ(課外活動)は7月25日(火)に部活公開を行います。後日発表される高学年のイベント情報「中学生対象 夏休み部活体験/SSH・SGH」」をご覧下さい。
  →イベント申し込みはこちら
SSHの活動の一つをどうぞご覧下さい。


【伊豆大島研修】

日時:平成29年5月25日(木)~27日(土)
伊豆大島にて火山の形成過程や植物の遷移について現地フィールドワークを行いました。
今年で10回目の伊豆大島研修となりました。

1.三原山火口探索(山頂口〜三原神社〜火口展望所(火口一周コース)〜裏砂漠〜溶岩地帯〜樹海)
2.光るキノコ観察
3.大島牛乳工場視察→(株)大島牛乳 白井社長
4.伊豆大島火山博物館での実習
5.地層大切断面観察
7.波浮港観察

 現地研修でお世話になったガイドさんはこちら→グローバルネイチャークラブ(西谷さん)



【東大リサーチ駒場キャンパス公開】

日時:平成29年6月3日
場所:東京大学先端科学技術研究センター、生産技術研究所

都心に構える最先端の研究室を見学しました。
現地では研究者だけでなく小学生から大学生、そして研究者まで楽しめる企画や展示が様々工夫されていました。
研修者の方々も難解な研究を優しい言葉でわかりやすくプレゼンテーションした下さり、大変感激致しました。

 主催者ホームページはこちら→


 
研究発表会
        
平成29年10月28日(土) 学びの技 発表会
        



Copyright(C) Tamagawa Academy All Rights Reserved.